人気ブログランキング |

中毒入ってきた


昨日は久しぶりにゲームに入って遊んだ。
ゲームに入ると、フレンド登録してある人にログインしてるかどうかがわかる仕組みになっているため、ゲーム内で声がかかる。
嬉しいし楽しい。

みんなでいろんな所に出かけ、モンスター倒したりクエストをクリアしたり、ログインするとやることはいっぱいあって時間がいくらあっても足りない。

自分ひとりでも進行したいものもあり、夜中になってから黙々とやりはじめ、ログアウトしたのは結局2時過ぎ。

本当はもっとやりつづけたかったけど、翌日仕事だったので泣く泣く終わらせた。


一回ログインすると、次の日はそのゲームのサイトや自分のキャラをスマホで見るようになる。
ゲーム関連のTwitterをみたり攻略動画をみたりと、ゲームの世界に染まってくる。
そして次の日もやりたくなり、ログインしてはまっていく…ということを繰り返している。

とめられない
やめられない
楽しいのは分かるんだけど、睡眠時間を削って日常生活を犠牲にしてやるのは普通ではない。

制御できない感覚は、アルコール依存症の人が持ち合わせているものと同じだと思う。

課金が切れたので、もう今日はログインすることはできない。
後ろ髪がひかれるが、あえてそうしたのは自分でとめられないから。

無理に抑制すると、2~3日は禁断症状みたいに苦しくなる。
それを過ぎると何ともなくなる。どうしてそうなるのかは分からないけど。

ゲームを楽しむ時間が増えると、リアルの自分は確実に荒廃していく。
身だしなみにだらしなくなる。朝はギリギリまで寝ていて、シャワーもしっかりと浴びない。不潔になっていく。
家の中も汚くなる。掃除するよりゲームでバトルする時間を優先したいのだ。

周りが見えなくなっていく。そして見えなくなっている自分に気づかない。
見た目も、生活も、仕事も荒れていってるのに、ゲームのことを考えて自分では満たされた生活をしているつもりになっているお花畑。

ああ、書き出すとツラい。
自分はこんな状態なんだとあらためて分かる。

ゲームの中で強くてかっこいい人は、ゲームのプレイ時間の長い人ということになる。
リアルではどうなんだろうか。
かっこいいプロゲーマーとか、いっぱいいるから何ともいえないけど。


自分自身は、ゲーム時間帯が長くなるほど、リアルではだらしない奴という現実にある。





by mmuwzi1l | 2020-03-20 12:32 | 思索